(出典 www.cyzowoman.com)


趣味として人気の高いジャンル『コスプレ』
自分自身が好きなキャラクターになれることが魅力の1つですが、
その素顔を暴いて晒すようなマナー違反が横行しているようです。

 美容医療はここ数年でぐっと身近になり、美容整形で顔のコンプレックスを克服したと公言する人は、リアルでもネットでも珍しくなくなりました。



写真はイメージです(以下同じ)



 でも、気軽になったのは、あくまでメスを使わない“プチ整形”の話。
 骨を削るような整形手術が必要となると、やっぱりなかなか踏み出すのは難しく、コンプレックスの渦に飲まれてしまう人もいます。本人にとって、容姿のコンプレックスはとても重たいもの。時にはその重さに耐えかねて、命を危険にさらしてしまう人までいるようです。


ギャルだった高校時代までは平和だった
 地方で事務員として働く松田あやかさん(仮名・29歳)も、コンプレックスを抱える女性の一人。彼女がそのコンプレックスをはっきり自覚したのは大学生になってからでした。


ヤンキー文化の強い地域に生まれて、高校時代まではギャル的なカッコをしていたので、半自動的にスクールカーストの上位にいました。だから、自分の弱みになるようなことと向き合わずに済んだんだと思います。


 自分のコンプレックスが気になるようになったのは、大学生になってからでした。好きになったサークルの先輩に告白して振られた時、陰口を叩かれるようになったんです……『アゴ女』って


◆自分のアゴが大嫌い、だけどどうしようもない



松田さん(仮名)。十分お美しいのに……



「面長で、横から見ると三日月のような形で前へ出たアゴ。このしゃくれアゴは、私の人生を黒く塗りつぶしていきました。一度悪口を言われてからは、全てのことがこのアゴのせいで上手くいかないと思うようになりました。どれだけメイクを頑張っても、ダイエットをしても、絶対消えてくれません。彼氏ができないのも、自分が憧れるようなメイクが似合わないのもこのアゴのせい。


 美容整形外科に相談に行ったこともありましたが、上顎と下顎、両方に骨切りの手術と歯列矯正が必要で、費用は数百万、ダウンタイムも3ヶ月~半年ほどかかると言われ、ずっと二の足を踏んでいます。二重整形の手術くらいだったら、数万円で済むのに」


 顔のコンプレックスとしては、目もとのコンプレックスも輪郭のコンプレックスもよく聞くものではありますが、手術の規模となると大違い。入院生活も長い輪郭関係の手術は、いくら美容整形が一般化してきたとはいえ、気軽にできるというものでもありません。


二次元にのめり込みコスプレの世界で認められるように
「自分の顔が嫌いで仕方なかった私は、どんどん二次元オタクの世界にのめり込んでいくようになりました。ネットで友だちを作って、現実の恋愛に自信が持てない分、推しのキャラクターと疑似恋愛して。そんな時に出会ったのが、コスプレだったんです」



※写真はイメージです



 SNSで仲良くなった人たちの影響で、自己満足の範囲で始めたつもりだったというコスプレでしたが――。


「でも、好きなキャラクターの衣装をまとった時の、自分ではない何者かになれたあの感じにあこがれて、SNSにも写真をアップし始めました。写真だけなら分からないだろうと、コンプレックスだったアゴは画像加工で消しました
 すると、徐々にいろいろな人からコメントが来るようになって……カワイイ、似合うと褒めてくれる人がいて。コスプレを始めて、自分のことを少しだけ好きになれたような気がしました」


◆大型のコスプレイベントリアルで参加
 好きなキャラのウィッグをかぶって衣装を着たら、自分ではない何かになれる。社会人コスプレイヤーとして趣味でコスプレを楽しむ人達は、そんなひとときの「非現実感」を味わうために、週末だけ活動をする人が多いのだといいます。



「しばらくは、宅コス(自宅でコスプレ)して写真をSNSアップするだけで満足していました。でも、少人数だけど私のコスプレファンだと言ってくれるような人も現れるようになって、コスプレを始めて2年ほどたった時に、とある大型コスプレイベントリアルで参加してみることにしたんです。
 自分に自信がない私がリアルイベントに参加できたのは、自分のフォロワーさんたちがとても温かかったから。日々お褒めのコメントを頂いて、調子に乗っていたんだと思います。でも、実際参加したのはその1回きり。もうずっとリアルイベントには参加していません」


◆「詐欺」「期待はずれ」と言われて……
 その日はSNSでも告知してイベントに参加したので、ネットでの知り合いもたくさん会いに来てくれました。


「でも、囲んで写真を撮る人の中に、小首をかしげながら小さな声で『詐欺乙すぎる』『期待はずれだったわ』などと吐き捨てていなくなる人たちがいて……。その後すぐSNSブロックされた人もいたし、後々になってコスプレ系の掲示板で無加工写真を晒されたりもしてしまって。なんて冷たい現実なんだろうって絶望しました



 SNSには自撮りコスプレアップする界隈がありますが、それを叩くためにあえて見にいくような人もいます。そんな好奇の目に晒されて、一度はコスプレをやめようかと思ったこともあったそうです。


「知り合いに晒されたことがトラウマで、一度はアカウントを消しました。でも、ネットでばかり生きてきたから、一人でいるのは寂しくて、また宅コスのアカウントを始めて」


◆わざとアゴを骨折しようと、ビルから飛び降りたことも
ネットで晒されてからはまた、整形手術を考えるようになったけど……やっぱり田舎のOLに出せる額じゃないし、親になんて説明すればいいかも分からない。一度は悩みに悩んで、アゴを骨折したりしたら、整形手術が保険適応になるんじゃないかと思って、ビルから飛び降りてみたこともありました。結局その時は、脚を骨折しただけ。


 叩いたら折れたり、凹んだりしないかなと思って、今でも毎日寝る前に20回くらいアゴを殴ります。まだ私のアゴは長いままだし、コロナがあってもなくても、私は人前では一生マスクが取れません


 1日20回、1年で7300回も自分のアゴを殴り続けているという松田さん。彼女はこのまま一生、自分のコンプレックスに飲まれたままなのでしょうか――。


私のコンプレックス


<取材・文/ミクニシオリ イラスト/とあるアラ子>


【ミクニシオリ】1992年生まれ・フリーライター週刊誌を中心にアングラな性情報、最新出会い事情など寄稿。逆ナンや港区合コンなどの現場にも乗り込む。自身の経験人数活かしtwitterWEBラジオairuca」でフォロワーの恋愛相談にも回答。カルチャーにも素養がある生粋のサブカル女子。@oohrin





(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

化粧の技術やら角度の工夫やらで上手くごまかしてたならともかく、画像を加工してましたってんなら、そりゃー詐欺なんじゃないの。知らんケド。


問題なのは技術に頼り切りって事だなぁ…画像修正や撮影方法で小顔に見せたり化粧で誤魔化し過ぎると実際に見た時と差が出過ぎたら色々言われてしまうのはどう足掻いても避けられない。


遠くて近い隣の国なら存在自体が詐欺だから良かったのに。金は払ってならともかくタダで文句言われても


ギャルだとスクールカースト上位? 整形したいほどの顔なのに人前に出るコスプレ? アゴ骨折するために飛び降り?? 言ってる事が無茶苦茶すぎるというか創作話かこれ?


加工しまくったらそれって、CGで作られたキャラとほとんど同じだから・・・


部外者にはよく分からん世界だけど...。好きなキャラになりきるのがコスプレの楽しみとはいえ、大幅に画像修正するくらいなら、むしろ「自分の顔立ちに合ったキャラを探してみる」方が良いと思うけどね。


妄想で記事書いて貰う給料は美味いか?


そもそも美形揃いのアニメやらゲームキャラのコスをするのって相当敷居高いと思うんだけどな。何で明らかにやめとけばいいのにってレベルの人がやりたがるんだろ。自分の身の丈にあった格好すりゃいいのに


もっとも「別に何言われても気に*えし」って人なら別にいいんだけど何故かあまりよくない感想を見て発狂するような奴もいるんだよな。やめとけばいいのに


全てのことがこのアゴのせいで上手くいかないと思うようになりました顎一つで全てがダメになる訳ないだろ逃げ口上にしても顎を理由にするとか上級者すぎる 過度の加工はレイヤーのみならず藤原紀香とか芸能人や一般人の自撮りインスタ蠅が多用してるから加工自体は一般的だから でも加工画像だけを見てレイヤーに会いに行くと現地でショックを受けるから覚悟しておけ!


みてくれなんて気にするな。可愛くない女に生まれたのなら、それ相応の生き方がある。


画像加工して人気が出たのに、よくリアル参加しようと思ったな…。正直、そこが不思議で理解できない。修正してた事自体忘れてたのかな?


サンド伊達「修正して半分になったとしても当日倍のやつが来るんだぞ」(写真館


▲SPA!の運営会社は、ハーバービジネスオンラインと同じ【扶桑社】で、親会社は【フジテレビ】。 フジの筆頭株主は、2005年から民主党政権誕生まで【ソフトバンク】。 ▲小林よしのりと一緒にネトウヨ連呼とレッテル貼りしか能がない、古参フェイクメディア


アゴを画像加工したコスプレ姿をSNSにUPしたんだから、リアルイベントで見に来た人から「詐欺乙」って言われても仕方がないだろう。で、その後は『整形手術が保険適応になるのでは』という考えで自分のアゴを1日20回も殴る……それが事実だとしたら、親は何と思うんだろうね。


▲ SPA!って「小林よしのり」の雑誌だからな? ネトウヨネトウヨと*の一つ覚えで連呼し始めたのがこの男だ。こいつは愛国者などではなく、「反米がしたいから」台湾論・天皇論・戦争論を書いた。 ▲そもそも左翼から政治に入った。若い頃の小林よしのりが必ず「長髪」で描かれるのは、反戦フォークソング同好会と一緒に、学生運動に参加してたから


写真詐欺と言われたくないなら①画像加工をしないでありのままをアップロードする。②奇跡の1枚だけをアップするのではなく、ボツ画像もアップする。③画像加工をするなら現実世界には出ていかない。くらいはするべきじゃないかね?


顔は許そう。だが*詐欺は許さん。


>1日20回、1年で7300回も自分のアゴを殴り続けている って、これもう顎を縮めたいのか伸ばしたいのか分からんぞ


日本のコスプレ界隈って海外に比べて寛容さに欠ける気がするなぁ